ゆめ色まつりの会場はこちらです。

現実から抜け出して旅に出たい。そんな思いを抱いて日々を生きている管理人のブログです。

knirpsのT.220をレビュー! 普段使いにも旅行にも便利な折りたたみ傘でした!

こんにちは。

突然ですが皆さんは傘はどのようなものがお好きですか?

ぼくはホームセンターの安い長傘から始まり、色々巡って現在は普段使いも旅行用もknirps(クニルプス)のT.220という折りたたみ傘に落ち着きました。

Knirpsとはなんぞやと申しますと、ドイツの有名な折りたたみ傘のメーカーで、世界で初めて折りたたみ傘を販売した歴史あるメーカーなんです。

そのメーカーの代表的なモデルT.220です。

昨年末に買って9ヶ月使用したのでレビューしますね!

余談ですが、knirpsというといちばん有名なモデルはX1という持ち運びに特化した小型傘だと思います。

X1もつい最近買い足したのですが、まだ使う機会に恵まれていないのでご紹介はまたの機会に。

 

 

T.220のスペック

ここに来られている方はとうにご存知かもしれませんがまずはT.220の基本情報をご紹介!

とはいえ、公式サイトをご覧いただくのがわかりやすいかと思いますので引用に留めさせていただきます。

f:id:yume_sin:20190920233443p:plain

T.220のスペック

knirps | PRODUCT より引用

基本情報をご確認いただいたところで早速レビューしていきますね!

ワンタッチ開閉が便利!

この傘の最大の特徴にして最大の長所がこのワンタッチ開閉!

折りたたんだ状態で持ち手の赤い開閉ボタンを押すと傘が開き、開いてる状態で押すと傘が閉じます。

f:id:yume_sin:20190921012653j:plain

T.220開閉ボタン

ジャンプ傘だと、ワンプッシュで開くことはできますが、閉じるのは手動ですよね。

ちょっとしたことなんですが、荷物を持った状態だとこれが本当に便利!

下で紹介する留め具がめちゃくちゃ留めやすいのも相まって開閉と折りたたみがスムーズなのがT.220の一番の魅力なんです!

留め具がめちゃくちゃ留めやすい!

普通の傘と比べると留め具はかなり太く作られています。

f:id:yume_sin:20190921012824j:plain

T.220留め具

これが絶妙な塩梅で、慣れれば片手でも巻けるんです。

ぼくが普段使いの傘を長傘から折りたたみ傘に変えるときに躊躇った最大の要因は折りたたむ際の面倒臭さだったのですがT.220は見事に解決しています!

後でご紹介しますが、ドライバッグと組み合わせると文句なく最強の傘ですよ!

折りたたみ時のサイズは平均的な折りたたみ傘くらい

特別軽くも小さくもないですが、コンビニで売ってる折りたたみ傘くらいですね。

ぎりぎりで30cm以内に収まっているので少し大きめのかばんなら持ち歩くことも可能!

重量345gは持ち歩くにはやや重く感じますが、使うときはこれくらいの重さがあったほうが安定しますので不満はありません。

一度強風に煽られましたが壊れることなく頑丈さもかなりのものと思われます!

開いたときの傘のサイズは男性でも問題なし!

直径97cmなので、コンビニのビニール傘よりは大きく男性向けの長傘よりは小さいくらいのサイズ感です。

 土砂降りですともう少し大きいものが欲しくなりますが、普通の雨なら全く問題ありません!

また、安い折りたたみ傘と違い作りが頑丈なので、折りたたみということをあまり意識せずに使うことができます!

ハンドルが大きく握りやすい!

T.220の持ち手は一般的な折りたたみ傘と比べるとハンドルが大きく、手でしっかりと握れます。

f:id:yume_sin:20190921012904j:plain

ハンドル

長傘と比べても太さがあって握りやすいので、気に入ってるポイントの1つです!

ハンドルだけでなく柄の部分も太く頑丈なので使ってて安心感がありますよ。

使い手に優しいセーフティー・システム

傘を畳んだあと、シャフトを縮める際に誤って途中で手を離しても元の長さに伸びてこないシステムです。

うん、何言ってるのか分からないですね。。

公式で動画が作られているのでこちらをご覧いただくのが分かりやすいですね。

頑丈な分シャフトを縮めるのが硬いのでこれは大変便利なシステムだと思います!

安心の2年保証!

knirpsの傘は正規の販売店で購入すると2年間の保証がついてきます!

使ったことはないですが、故障した際に購入した店舗に連絡すると交換してもらえるとのこと。

それなりに高い傘なので安心ですね!

ドライバッグと組み合わせると最強!

別売品でそこそこのお値段なのですが、knirpsからはドライバッグも出ています。

内側が吸水性のマイクロファイバーになっていて、濡れた傘をそのまま放り込める便利アイテムです!

f:id:yume_sin:20190921012946j:plain

ドライバッグ

ぼくが長傘から折りたたみ傘に変えた理由というのが、濡れた傘で車のシートが濡れるのが嫌だったというものでしたので傘本体を買ったあとすぐに買い足しました。

ファスナーが大きく開くので濡れた傘をさっと仕舞うことができて大変便利!

車以外でもドライバッグに放り込んで鞄に入れれば濡れることもないですし、ぼくにとっては必需品なのです!

このドライバッグ、普通に買うと2,000円となかなかのお値段なんですよね。安い折りたたみ傘だったら2本くらい買えるお値段……。

ところが! 傘本体を買うとおまけでドライバッグがついてくる正規販売店があるんです!

もっと早く知っていればぼくもここで買ったのに(泣)

こちらNUTSさんはknirpsの公式サイトに販売店として掲載されているれっきとした正規販売店です。

ですので、故障の際には2年保証が使用できます!

knirpsの傘はブランド品にはありがちですが正規販売店ならどこで買っても同じ値段ですので、せっかくでしたらドライバッグのもらえるこちらのお店がおすすめですよ!

最後に

雨の日って気持ちが沈みがちじゃないですか。

でもそんなときにお気に入りの傘があれば雨の日しかできないオシャレもできて雨の日も楽しめると思うんです。

今回ご紹介したT.220は使いやすさと持つ喜びが両立した雨の日が楽しくなるようなそんな傘になり得る逸品だと思うのです。

感じ方は人それぞれなのでT.220がベストな選択になるとは限りませんが、少し値が張ってもお気に入りの傘を手に入れるときっと世界が変わりますよ!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!