ゆめ色まつりの会場はこちらです。

現実から抜け出して旅に出たい。そんな思いを抱いて日々を生きている管理人のブログです。

セントレアの第2ターミナルをレビュー! 早速利用してみました!【到着編】

こんにちは、さいんです。

前回に引き続きセントレア 第2ターミナルをレビューしていきます!

この記事はセントレア第2ターミナルのレビュー【到着編】です。

出発時のことが知りたい方は前回記事を御覧ください。

www.yume-iro.net

 

 

着陸後も延々歩きます

第1ターミナルでも結構な距離を歩くことになるのは変わらないのですが、第1ターミナルは動く歩道が整備されてます。

では第2ターミナルはどうなのかと申しますと、狭い通路みたいなところを延々を歩くことになります。

f:id:yume_sin:20190924235857j:plain

延々とこんな通路を歩くことになります

窓がなくて結構何度も曲がるため先がどうなっているのかわかりにくく、実際に歩いた距離よりも長く感じるのだと思います。

途中には床にプロジェクターで映像を映していたり、壁にイラストがあったり、歩いた距離に応じた消費カロリーの表示があったりして工夫は見られました。

現在地を記した地図でも要所にあればゴールが見える分苦痛も小さいとは思うのですが…。

手荷物受取所

通路を延々と歩いていくと手荷物受取所に到着します。

手荷物受取所は2つレーンがありました。

自身の荷物が流れてきたら回収して荷札を確認するいつもの流れです。

f:id:yume_sin:20190925001230j:plain

レーンの反対側の壁にはイラストが描かれていました。

f:id:yume_sin:20190925001631j:plain

LCCだと受託手荷物が有料のため利用者が少ないのか、たまたまなのかは分かりませんがレーンが回り始めたらすぐに自分の荷物が出てきました。

レーンの周りに待ってる人も少ない印象だったので実際に利用客が少ないのかもしれないですね。

到着ロビー

手荷物受取所を通り過ぎたらすぐにロビーです。

壁の方から国内線出口に向かって撮影した写真になりますが、写真の通りさほど広くはありません。

f:id:yume_sin:20190925002401j:plain

LCCだと本数も少ないので全体的に小規模な作りになってしまうのでしょうかね。

到着ロビーを出ると目の前にバスのりば、右に進むとスロープがありチャックインカウンターの近くに出てきます。

第1ターミナルへ移動するにはこのスロープを上ってFLIGHT OF DREAMSを経由して移動することになるかと思います。

現状第1ターミナル第2ターミナルを結ぶシャトルバスはなさそうな感じでした。

移動時間

着陸後、第2ターミナルから第1ターミナルへ移動するには所要時間はどれくらいかかるのでしょうか。

散々書いてますが、着陸してから到着ロビーに到着するまで結構歩きますし、そこから先も結構な移動になります。

ぼくの今回の移動では第2ターミナルから中部国際空港駅(第1ターミナルのちょっと手前)まででしたが、着陸してからですとざっと30分はかかりました。

第1ターミナル到着の便ですと、頑張れば着陸15分後の電車に間に合いますのでかなり遠い印象を受けました。

電車の場合ですと最低30分以上先の便を利用するのがおすすめです。

ちなみにさいんは写真撮りながらというのもありますが、30分後の電車にぎりぎり間に合いませんでした。

航空機の乗り継ぎをされる方は1時間半以上は余裕を持って計画を建てるのがよろしいかと思います。

第1ターミナルは近そうに見えて歩いてみると思いのほか遠いですので。

f:id:yume_sin:20190925004412j:plain

第2ターミナルから見た第1ターミナル

最後に

ざっくりまとめますとセントレア第2ターミナル着の便はかなり歩くことになると覚悟しておいたほうがいいですよ。

着陸後即座に第1ターミナルに向かっても30分程度はかかると思ったほうがいいですよ。

セントレアの第2ターミナルについて2回に渡って結構辛口なことを書いてきましたが、まだできたばかりの建物なのでピカピカしてて気持ちがいいですよ。

このピカピカ感が味わえるのは今だけだと思いますので機会がりましたらぜひ!

これでセントレアにLCC専用のターミナルもできたわけですのでセントレア発着のLCCも増えると嬉しいですね!

ぼくの場合、よく使う仙台便のLCCが就航したので今後かなりお世話になるのではないかと予想しております!

 

前回第2ターミナルの概要を説明いたしましたので今回はあっさりめの記事にはなりますがこのあたりで締めさせていただきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました!