ゆめ色まつりの会場はこちらです。

現実から抜け出して旅に出たい。そんな思いを抱いて日々を生きている管理人のブログです。

旅行のサブバッグに最適!? モンベルの折りたたみリュックをご紹介!

こんにちは、さいんです。

この頃気温も下がりすっかり秋の装いですね、と思ったらもう9月も終わろうとしてました。

この時期は体調を崩しがちなのでみなさんもお気をつけください。

ちなみにぼくはちょっと不調感を感じてます。。

さて、旅行に便利な情報をお届けしようと開設した当ブログ。

今回はぼくがサブバッグとして使っている折りたたみリュックをご紹介します!

とはいえまだ買ってから1ヶ月なんですけどね。

 

 

折りたたみリュックとの出会い

ぼくも以前はメインのバッグサコッシュで旅行に出てました。

メインのバッグはホテルの部屋やコインロッカーに置いてサコッシュに最低限のものを入れて持ち歩くスタイルです。

しかし、サコッシュですと当然ながら持ち歩けるのは財布とスマホくらいです。

ポケットの延長みたいなものなのでサコッシュも用途によってはめちゃくちゃ便利なんですけどね。

 

ちなみにぼくが使ってるサコッシュです↑

 

もっと大きいサブバッグが必要と思ったのは先月末に大曲の花火を見に行ったときですね。

色々と準備が必要という前情報を集めていましたのでさすがにサコッシュだけで行くわけには行きません。

バックパック2つの体制で行きたかったのですがさすがに嵩張るからどうしたものかと。

仕方ないからエコバッグで行こうかと思って検索かけたら折りたたみリュックが出てきてこれだ!となったわけです。

モンベル ポケッタブルライトパック18

折りたたみリュックを調べてみると安いものから高いものまで色々でてきました。

どれがいいか悩みましたがあまり安いものを買って途中で破れたら悲惨ですし結局は安心と信頼のモンベルに落ち着きました。

近所のイオンモールに入ってるモンベルに見に行き選んだのが表題の『ポケッタブルライトパック18』です。

webshop.montbell.jp

これめっちゃ便利なのでおすすめです!

とにかく軽い!

とにかく荷物を減らしたい旅行ではいちばん大事なとこですね。

特にLCCを使う場合ですと重量制限がシビアな場合もありますので。

このポケッタブルライトパック18ですが、重量なんと181gなんです!

発売したてのiPhone11Proの重量が188gなのでなんとiPhoneより軽いリュックなんです!!!

 

メインのバッグに潜ませておいても苦にならない重さですよ!

こいつはすげえ!

とにかくコンパクト

折りたたんだときのサイズは18×23cmです!

手のひらサイズとまではいきませんがメインのバッグに潜ませるには十分すぎるくらいコンパクトですよ!

f:id:yume_sin:20190926001731j:plain

その気になればエコバッグ代わりにも使えるかもしれませんね。

これが開くとリュックになるのですから大したものですよ。

開くとたくさん入る!

ポケッタブルライトパック1818容量18Lを表しています。

この軽量コンパクトな折りたたみリュックが開くと18L入るリュックになるのです!

18Lというとタウンユースでの日常使いでも使えるくらいの容量ですので小さすぎると感じることはないかと思います。

ちなみに野球の観戦グッズをこれに入れて球場に行ったこともありますが丁度いいサイズで使いやすかったですよ!

f:id:yume_sin:20190926002703j:plain

ドリンクホルダーが便利!

デイパックを使うにあたってほしいのは簡単にアクセスできるドリンクホルダーですね。

ポケッタブルライトパック18にはドリンクホルダーもついています!

モンベルにはポケッタブルデイパックというシリーズもあり、お値段も安いのですがこちらにはドリンクホルダーがついていません。

ぼくがポケッタブルデイパックでなくポケッタブルライトパックを選んだのはドリンクホルダーの存在が決め手でした!

f:id:yume_sin:20190926003251j:plain

雨天のときにはここに折りたたみ傘を挿しておいても便利ですよ!

www.yume-iro.net

収納ケースをなくさない!

折りたたんだリュックを収納するケース、これを失くすと大変面倒なことになりますよね。

言うなれば折りたたみ傘のケースみたいなものです。

しかしポケッタブルライトパック18はケースを無くす心配はありません!

なぜかと言いますと……

f:id:yume_sin:20190926003836j:plain

フロントポケットを裏返すと収納ケースになる仕組みだからです!

旅行中のストレスは極力減らしたほうがいいので使用中にケースを失くすリスクをゼロにできるというのはとても大きいですよ!

ちなみにここのフロントポケットは使用する際にもアクセスしやすい場所になりますので小物類を入れておくのに便利です!

このあたりの構造と使い勝手の良さは惚れ惚れしますね。

丈夫そう!

上でも書いたとおりモンベルの折りたたみリュックを選んだ理由がこれです。

生地は薄いですが、実際に触ってみると縫製もしっかりしてますし丈夫そうに感じます。

こればっかりはどこまで耐えられるか試すわけにもいかないですし印象の話になってしまいますけどね。

先日の仙台旅行で中に四合瓶の日本酒を入れて歩いたけど全く破れそうな様子は見られずびくともしなかったことは書き添えておきますね。

気になった点

悪い点も書かないと不平等になってしまいますので気になった点も書いておきます。

とはいえほとんど不満はありません。

重いもの入れると肩が痛い

ショルダーベルトにクッションが入ってないので重量のあるものを入れると肩が痛くなるのです。

f:id:yume_sin:20190926005751j:plain

ショルダーベルト

とはいえ、十分な太さはありますので可能な限り重量が分散されるようには考えられています。

そして、クッション入れると間違いなくこのコンパクトさは失われてしまうので軽さとのトレードオフですね。

パッキングを考えないと背中が痛い

ショルダーベルトと同じく背中部分にもクッションが入っていません。

適当に詰め込むと突起物が容赦なく背中を攻撃してきますのでご注意くださいませ(笑)

背中部分には平らなものを、これ大事。

これも軽さとのトレードオフなので仕方ない部分ではあります。

まとめ

ポケッタブルライトパック18は軽量コンパクトであるがゆえに普通のデイパックでは無いような気になる部分もありますが、それを差し引いてもめちゃくちゃ使いやすいですよ!

正直、もっと早く買っておけばよかったと思っています。

そしてこのポケッタブルライトパックシリーズですが、18Lの他に13L10Lのものも売られています。

モンベル | オンラインショップ | 商品を比較する

当然、容量の小さいものはその分軽くなりますので、用途に応じてサイズを選ぶのがいいと思います!

大は小を兼ねるとは言いますが、この手のコンパクトさが売りの商品には必ずしも当てはまらないと考えておりますので。

それに中に入れるものが少ないと荷物が動いて背中がゴツゴツしそうですしね。

 

そんなわけで、モンベルポケッタブルライトパック18のご紹介でした。

サブバッグを探している方はぜひ使ってみてください!