ゆめ色まつりの会場はこちらです。

現実から抜け出して旅に出たい。そんな思いを抱いて日々を生きている管理人のブログです。

冬のノヴォシビルスク旅行記【1日目】

こんにちは、さいんです。

今回も年末年始のノヴォシビルスク旅行のお話。

ノヴォシビルスク到着後のことを綴ります。

今回は宿泊したMarins Park Hotel(マリンズパークホテル)のご紹介を中心に。

Marins Park Hotel(マリンズパークホテル)

アクセス

今回宿泊したホテルはMarins Park Hotelです。

場所はノヴォシビルスク駅の目の前。

空港からのバスがノヴォシビルスク駅に到着したら駅舎を背にして立ちます。

正面に見える大きな建物がMarins Park Hotelです。

夜の写真しか撮ってませんでしたがこんな感じ。

f:id:yume_sin:20200104014253j:plain

Marins Park Hotel

チェックイン

入り口(вход)を入って左手にカウンターがあります。

ここのホテル、ありがたいことに英語が通じます

まあ、私は英語も全然だめ(学生時代に真面目に講義受けた上で英語の単位落としたくたい)なのですがチェックインの手続きくらいはなんとかなります。

"Check in, please."と言って予約票渡すだけですからね。

ちなみに今回のノヴォシビルスク滞在中に英語が通じたのはここのホテルとホテル内にあるレストランだけでした。

チェックインを済ませたらカードキーを受け取って部屋に行きます。

日本のホテルと同じですね。

エレベーターはホテルの入口からまっすぐ正面に行ったところです。

部屋

1泊3,000円程度の安いホテルでしたが部屋は意外と広く眺望も良好でした。

f:id:yume_sin:20200109001045j:plain

Marins Park Hotel客室

日本のビジネスホテルとの差を感じるのがアメニティガウン(寝間着)が無い点ですね。

海外のホテルでは一般的とは聞きますが。

寝間着持っていったのは正解でした。

あとはカミソリ電気ポットがなかったですかね。

冷蔵庫はテレビの下の棚にありました。

枕元にコンセントが何故か4つもあるのが斬新でした。

変わったところでは、栓抜きナイフ・フォークが置いてありました。

ルームサービスがあるのかな……?

ちなみにコンセントはCタイプでUSBポートなどもないのでプラグ変換器が必須。

USBポートもついてるタイプのプラグ変換器を持っていったので便利でした。

Wi-Fi接続

Marins Park HotelにはWi-Fiが通っていますが登録が必要でした。

スクリーンショットを取っていないのでSSIDは忘れましたが"Marins Park Hotel"とかそんな感じの分かりやすい名前だったかな、と。

接続すると電話番号を入力するように指示されます。

用意していたプリペイドSIMにロシアの電話番号がついていたのでその番号を入力しました。

日本の国番号(+81)も選択できるようになっていたので日本の電話でも接続可能…?

どこから番号が漏れるか分からないのでメインの電話番号は登録しないほうが無難かもしれないですね。

言われたとおりに電話番号を入力すると「登録されてないから電話をかけろ」と電話番号が表示されます。

大丈夫かこれ…?

と思いつつプリペイドだからまあいいや、と電話をかけてみたら自動音声だったか無言だったか忘れましたが特に何をするでもなくWi-Fiに接続できるようになりました。

そこそこの速度が出るようで、動画再生も不自由なくできる程度には速度が出てました。

朝食

今回は朝食付きのプランでしたのでMarins Park Hotelで朝食をいただきました。

2階のсинемаというレストラン?が食事会場でした。

時間は07:00~10:30です。

ちなみに年末年始ノヴォシビルスクは夜明けが10時近くなので朝ゆっくりしてても日が明ける前に朝食をとることになります。不思議な感覚。

朝食なしのプランだと真っ暗な中で食事処を探し回ることになるので朝食は付けたほうが無難だと思います。

入り口のお姉さんに部屋のカードキーを渡すと機械で読み込んで通してもらえました。

朝食はブュッフェで普通のホテルの朝食といった感じ。

ちょっと変わってるのはずっとブリヌイワッフルを焼いてるおばちゃんがいることですね。

焼きたてのブリヌイを食べてロシアを感じることができます。

f:id:yume_sin:20200109005209j:plain

ブリヌイ

ホテル周辺

向かって左隣(南側)にケンタッキーフライドチキン、右側(北側)に地下鉄駅(Площадь Гарина-Михайловского)小型のショッピングセンターがあります。

ショッピングセンターには地下にスーパーマーケット、1階にバーガーキングが入ってますのでとりあえず餓死の心配は無用ですね!

f:id:yume_sin:20200109011330j:plain

ショッピングセンターと地下鉄駅

旅行記

初日(2019/12/29)は成田空港からトルマチョーヴォ空港への移動、トルマチョーヴォ空港からノヴォシビルスク駅へのバス移動で疲れて到着後はほぼほぼホテルで休んでました。

ちなみにこの日の気温が-18℃で滞在中一番寒い日でした。

夜に飲食店を探して歩きましたが寒いというか素肌が出てる顔の感覚が失われてきたので諦めて隣のスーパーマーケットで適当に買い物して済ませました。

用意してたモンベルウインドストッパートレッキンググローブが力不足だったのは滞在中この日だけです。

スーパーマーケットはこのときの散策で見つけたものです。

ちなみにスーパーマーケットコストコのようなレジで、ベルトコンベアの上に商品を乗せて区切りの棒を置く形式でした。

クレジットカードでの支払いが可能でした。

そして買い物からホテルに戻ったときにようやく1階にレストラン(Beerman&Grillが有ることに気づくのでした(汗)

明日はここのレストランで食事をするぞ! と決意しつつ部屋に戻りパンをかじりつつビールを飲むのでした。

f:id:yume_sin:20200109012839j:plain